施工事例

2024年6月24日

K様邸屋上防水改修工事

  • 施工前

  • 施工後

新築時の施工品質不足と経年劣化により、防水固定部から雨漏りがしていたため、屋上塩ビシート防水をやり直し改修する工事です。固定金具のビスが短く接着剤注入もしていなかったためか、ビスがシートを貫通して漏水の原因となっていました。

施工場所
大阪府貝塚市
施工方法
塩ビシート防水 機械固定工法 ニューベストプルーフ1.5㎜

既存の固定ディスクをすべて撤去します。

固定ディスク取り外し後、まずは絶縁シートを敷き込んでいきます。

次に、本体の塩ビシートを敷き込みます。

シートとシートのジョイント部を熱融着していきます。

ディスクを固定するためのビス穴に、しっかり接着剤を注入します。

シート固定用のビス、ディスクを取り付けていきます。

固定ディスク取付け完了

立ち上り部の施工です。まずは下地にボンドを塗ります。

立ち上り部も完全熱融着していきます。

新規で取り付けたディスクの上から、円盤型のシートで融着します。

最後に取り合い部のコーキングを打設して完了となります。

福利厚生倶楽部加盟店
©2022 326リフォーム